事業承継に頭を抱えているならM&Aに任せよう

オフィス

知名度アップが可能

新しい商品やサービスを生み出すのは大変です。企業買収を実施すると新しい商品やサービス、人材を確保することができます。また、企業買収は知名度アップを図れるため、多くの人々に周知できるようになり、売上や利益をアップ可能なメリットもあります。

事業を承継して企業を存続

握手

企業存続のための経営戦略

経営者が高齢化した会社にとって一番の課題は事業承継にあるといえるでしょう。そうしたM&Aにおける事業承継のパターンとして一番多いのが身内への承継となります。自分の子供や孫などに事業を任せることで滞りなく事業を存続させていることができるのです。事業承継の他のパターンとしては、一般的なM&Aといえる事業の譲渡となるでしょう。これは他の企業などとマッチングを行い、今行っている事業とそれに携わっている人材と設備をそのまま任せてしまうのです。スキルを身につけた従業員を失業させないようにするための、高度な経営戦略といえます。大きく分けると事業承継はこの二つのパターンに分かれるので、どちらを選ぶのかをはっきり決めておくといいでしょう。身内相手のM&Aと、他の企業相手のM&Aは話し合いの内容がとても大きく変わってくるのです。また、少ない例として株式上場を実施するというパターンも存在しますが、これは大手企業でも難しいのであまり考えなくてもいいでしょう。さらに債務処理の一環として廃業を選択することもありますが、そうしたM&Aは行うべきことがシンプルなので業者に委託するだけで大丈夫です。他人の企業相手、もしくは身内相手の事業承継を行う場合のどちらの場合でも仲介するコンサルタントはしっかり利用するべきといえます。仲介人がいると契約書の内容を決めるディスカッションがとても円滑に進んでいくので、積極的にコンサルティングを受けましょう。

ビジネス

士気の低下を防ぐには

m&aによって従業員の士気が低下すると、予期したとおりのシナジー効果を得られません。士気の低下を防ぐには、統合後のポジションについて十分に説明するとともに、福利厚生のレベルを低下させないことが重要です。

ビル

双方にとって価値がある

企業買収は行う側の企業とされる側の企業の双方にとって足りない部分を補えることから、価値のある選択と言えます。ただし、企業買収される側の従業員は待遇面で心配になってしまうので、十分に検討して働きやすい環境作りが必要となります。